よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問

M&A全般について

Q 中小企業なのでM&Aとは縁がないように思うのですが。

A 日本で行われているM&Aの多くは中小企業が友好的に交渉し成立しています。
特に団塊の世代の経営者が交代の時期にさしかかる2012年以降は後継者不足に悩む企業の選択肢の一つとしてM&Aへの期待がより高まってきています。

M&A


Q M&Aのメリット・デメリットは何ですか?

A こちらをご参照ください。


Q 成約までにはどれくらいの期間がかかりますか?

A それぞれの案件により6か月以内に決まるケースもあれば1年以上かかるケースもあります。
一概にこれくらいということは申し上げられませんが、当社で過去取り扱わせていただいた案件の実績に限って言えば、最も多い交渉期間は6か月~1年程度です。


Q 標準的なM&Aの流れについて教えてください。

A 一般的には以下のような流れとなります。ただし、個々の状況や選択する手法(株式譲渡、事業譲渡等)によって違いが出て参りますのでご了承ください。

M&Aの流れ


Q うちの会社はどれくらいで売れますか?

A 企業評価の方法は業種、規模等によって適切な方法が異なりますが、大きくは次の3つに分けられます。
・時価純資産方式
・DCF方式
・類似業種批准方式
このうち比較的計算しやすく根拠も明白になりやすいため中小企業のM&Aで実務的に一つの指標とされることが多いのが時価純資産方式です。
時価純資産方式ではBSから算出した時価純資産価額+のれん代(税引き後利益3~5年分)を企業の価値と考えます。
BSには
・有価証券、不動産、在庫、ゴルフ会員権等時価のあるものは時価評価
・保険積立金は解約返戻金で評価
・賞与や退職給付金等、引当の必要なものは評価基準日時点の引当金を計上
等の修正を加える必要がありますのでご注意ください。
土壌汚染、係争事件などのリスクがある場合は減額要因となります。

 

契約について

Q 相談したらすぐに契約を勧められませんか?

A 無料相談の時点でご契約手続きを進めることはありません。
無料相談でのヒアリングを元に、弊社のデータベースでマッチング候補が出ましたら情報をお届けして参ります。交渉を進めたいとご判断されましたらアドバイザリー契約をご締結下さい。


Q アドバイザリー契約を締結したら必ずM&Aが成約できますか?

A 相手先企業やお客様ご自身のご判断、その他の事情により残念ながら成約に至らないこともございます。
弊社が成約の保証をすることはできませんが、交渉中の案件が成約に至らなくてもお客様とご相談の上M&A以外のアプローチのご提案や、別の案件の探索・交渉を進めることが可能です。


Q アドバイザーに支払う報酬はどれくらいですか?

A 原則としてこちらの表に従い計算しております。 案件の規模により弊社で定めた最低報酬金額が過大と予想される場合は柔軟に対応させていただきます。


Q 報酬はいつの時点で支払うのですか?

A 弊社ではお客様とM&Aアドバイザリー契約を締結した時点で着手金をいただきます。また、M&Aが成功しお客様と相手先企業の間で資金決済が行われた時点で成功報酬をいただいております。
初回のご相談後、候補先概要のご提示等で通常数回のご面談またはご連絡をさせていただくことがありますが、契約を締結されるまでは無料でご対応しております。候補先に興味を感じられ話を進めたいとご判断されましたらご契約下さい。
契約後、先方企業との交渉段階におきまして、あらかじめ事前にご了承いただいた交通費・弁護士費用等の実費につきましてご請求する場合がございます。


Q アドバイザリー契約を締結した後、違うアドバイザーから違う案件の打診がありました。そちらの交渉を進めたいのですが。

A 弊社とアドバイザリー契約を結ぶ際には弊社を専任のアドバイザーとする旨お願いしております。弊社のご紹介以外の案件にご興味がある場合は弊社から当該案件のアドバイザーにご連絡を取るなど、契約を前向きに進めるよう調整させていただきます。


Q 契約して交渉途中にやはりM&Aは中止したいということはできますか?

A M&Aは売り側・買い側双方にとって大きなご決断ですので、交渉途中に中止のご判断をされることもあると理解しております。弊社のアドバイザーがお客様の意に反して成約を強要したり、成約しなかったからと言って成功報酬に代わる別の名目の報酬をご請求したりすることは一切ございません。
ただし、お客様が先方企業と何らかの契約を締結し権利義務関係が発生している段階では内容によっては先方企業との間で賠償等の問題が生じることがありますので慎重にご判断下さい。


 

ダブル・エー・リレーションズについて

Q 本社が札幌市ということですが、北海道以外の会社のM&A案件に対応できますか?

A 本社は札幌にございますが、東京を活動拠点として都内はもとより東北や西日本のお客様ともご面談をさせていただいております。過去にお取引いただいた9割以上は道外のお客様です。


Q ダブル・エー・リレーションズのような少人数の会社より大手のアドバイザーの方が信頼できるのでは?

A 弊社は少人数ではありますが、運営メンバーは弊社設立前から前職で数年に渡り事業者側として買収・売却・企業再編の実務を行い、M&Aに関する多数の交渉経験・知識・ノウハウを共有し積み重ねて参りました。
M&Aアドバイザリー業務ではナレッジマネジメントによる専門ノウハウの蓄積やアドバイザー自身の経験・実績・お客様との相性も非常に重要な要素となりますので、総合的にご判断下さい。

また会社組織につきましては経費削減等により財務体質の強化を図る一方、寄付やチャリティイベントへの参加、カーボンオフセット印刷等を通じた社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。企業としての社会的責任を果たしながら、お客様からより一層の信頼をお寄せいただけるよう努めております。


 

その他

Q

A